将軍コメス大戦

    観たり読んだりした映画・本についてダラダラと書き綴っていきます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | top |

    ウルトラマンサーガ


    2012年3月24日よりウルトラシリーズ初の3D映画として公開された『ウルトラマンサーガ』
    その公開から1周年を記念して感想を書いていきます。



    本作の舞台は地球。(正しくはウルトラマンがいない時空にあるフューチャーアース)
    前2作の映画では遙か遠くの宇宙を舞台にしたスペースオペラ路線でしたが、本作のスタッフは一昨年に地球で戦うウルトラマンにしなければならないと決断したそうです。

    ―しかし、すでに地球は侵略者バット星人によって制圧され、ハイパーゼットンを育てるための実験場と化していた―

    ゼロが高層ビルの上で「ここが地球か…」とつぶやくシーンで、別宇宙とはいえ、ついに地球にやって来たんだなぁ… と感慨深くなりました。

    1年目の『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説』でその姿を現したウルトラマンゼロ。、
    あそこでゼロは“光の国のウルトラマンになる”過程が描かれたと思います。

    2年目の『ベリアル銀河帝国』で並行宇宙を駆けて、エメラナ星の“人間を守るウルトラマン”になります。
    地上で活動するためのゼロの人間体としてランという青年が登場しますが、自我はゼロのものでありランの意識は眠ったままでした。

    3年目の『サーガ』にて、子どもを救った勇気ある人間のタイガを宿主に決めたゼロは地上でウルトラゼロブレスレットになり、タイガの人格は健在です。
    そこでサーガは“人間がウルトラマンになる”話なのかなぁと思います。
    今回の付かず離れずの関係性が、今風というか一番しっくり来るし私は好きですね。

    主人公タイガ・ノゾムは、演じるDAIGOそのものという印象を感じる軽いお調子者であるものの、幼い頃に怪獣の襲撃によって両親を失った故に、以後ウルトラマンを頼ろうとせずに孤独に生きてきたという背景があります。

    (あの時にウルトラマンの名前を叫んでも、ウルトラマンは僕達を助けに来てくれなかったじゃないか)

    ゼロに変身を迫られても、そのトラウマから、かたくなに変身を拒否してしまいます。
    結果、ゼロとタイガのコミカルな場面がいくつも生まれるのですがw

    本作の防衛隊であるチームUのAKB48のメンバー起用は最初からそれほど気になりませんでしたが、衣装を初めて見た時に微妙だと思っていました。
    地球防衛隊なのに、皆それぞれ好き勝手なように着崩しているように見えるので。
    ですが、その考えは私の早とちりだったことに劇中で気付かされます。
    誰も守ってくれる人間がいなくなった地球で、自分達も本当は不安でしょうがないだろうに、子ども達の前では凛として頼れる地球防衛隊であろうとします。
    チームUという存在はウルトラシリーズ全体から見たら歪かもしれないですが、彼女達は子ども達を守ることで嘘から本物の地球防衛隊になったと思います。

    そんなチームUの勇気を見たタイガが、皆だって今は守るものがあると気付き、

    「俺たちを、ウルトラマンを信じろ!」

    と、自信を持って言い切るくだりは希望を感じさせました。
    私は神や仏は信じないけど、ウルトラマンだけは信じる!

    バット星人に何故つまらない生き物の人間を守るのかと訊かれて、ゼロがザックリと返す。

    「理由なんてねえよ!昔からずっとそうしてきた。ただ、それだけのことだ!!」

    拍子抜けするようにシンプルですが、ウルトラマンを受け継いだ者だからこそ言える芯ある言葉。
    地球で出会ったチームUや子ども達=好きなもんを守るのに理由なんているか!
    というウルトラマンと人間の、信頼と協力の歴史を体感させてお見事!!
    つまり、今その場でも起こっていることを間近に見ながら理由が分からないバット星人は、もはや救いようがないことも指しているんですね。

    グビラやゴメスを沈静化して命を奪わなかったコスモスに、良い意味で変わらないなと懐かしくなりました。
    コンセプトゆえに、それまでは他のウルトラマンとの共演は難しいんじゃないかと勝手に思っていましたが、うまく馴染ませることに成功していました。
    悪い相手によってはコロナモードにタイプチェンジしてほしかったけど…

    ダイナは正直『ウルトラマン列伝』と過去の登場映画でかじった程度の知識ですが、今作でのキーとなる英雄であること、どんな時でもガッツを見せる熱さはしっかり伝わりました。
    ダイナ復活のシーンで「君だけを守りたい」が挿入歌に流れてハイパーゼットン(ギガント)を押さえつけるシーンは鳥肌モノ。

    特撮アクションでは、ウルトラマンを空飛ぶヒーローという範疇に収めずに、どっしりと地に足を着けて走るウルトラマンをよく見せていて迫力ありました。
    がむしゃらに残された人間が戦っている…
    ウルトラマンも負けじと土にまみれた姿を見せていているので、真剣さが釣り合ってきます。

    そして強敵となるハイパーゼットンがたまらないほどカッコいいです。
    ギガントのボリュームのあるフォルムから縮小したイマーゴの最終形態になり、初代ゼットンと同様の技である火球、テレポーテーション、バリヤーで三人を圧倒していく様が、敵ながら凄まじいです。
    『ドラゴンボール』のフリーザなどもそうですが、凝縮された強さというのは存在感を放っていると思いました。

    三人のウルトラマンが限界を越えた時に融合し誕生したサーガはその燃えるような造型から、新しいウルトラマンを築く、新しいウルトラファンを開拓したいという意欲を感じましたね。
    映像ではウルトラマンサーガの登場は今回限りかもしれませんが、確かにウルトラシリーズの未来への道を切り開いたと思います。

    サーガのラストでは、日本列島が東北地方を中心にズームされ、そこには灯りが沢山灯っています。
    警戒区域まで明るく映っているのは、私には半世紀ほど遠い未来のことに思えますが、そうなる光景が一番理想的だと思いました。
    震災後にほぼ完成していたシナリオをすべて書き直したというほどに、スタッフは今ウルトラマンは人々に対してどうあるべきかを悩みながら作り上げたそうです。
    その製作への意欲、本気の励ましが『ウルトラマンサーガ』からは滲み出ています。

    本作のキャッチコピー“誰も見たことのないウルトラマン”はまさに本当でした!!


    ウルトラマンサーガ Blu-ray メモリアルBOX (初回限定生産)ウルトラマンサーガ Blu-ray メモリアルBOX (初回限定生産)
    (2012/09/21)
    DAIGO、杉浦太陽 他

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト
    トラックバック:0 | コメント:0 | top |
    コメント
    コメントの投稿














    非公開コメント

    トラックバック URL
    トラックバック
    プロフィール

    将軍コメス

    Author:将軍コメス
    特撮(仮面ライダー/ウルトラマン/スーパー戦隊/牙狼)、アニメ(プリキュア/ガンダム/エヴァ)が大好物な男の子。
    ただ今、特撮時々アニメライターを夢見るキュアフリーター。twiiterID:kome_su
    昨年刊行のオリつぼアンソロに執筆参加しました。

    最新記事
    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター

    おススメ
    プレミアムバンダイさん

    プレミアム バンダイ

    検索フォーム

    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。