将軍コメス大戦

    観たり読んだりした映画・本についてダラダラと書き綴っていきます。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    | top |

    大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE

    またまたウルトラマンの話題で広がりが無いかもしれませんが、週末のとあるウルトラマン関係の発表の前に過去作品について少しでも語っておきます。
    今日の映画は、2009年末に公開された『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』です。
    本映画を初めて劇場で観た時は、ウルトラマン新生を目撃したかのように震撼しました!



    プロデューサーに当時のビルドアップ代表兼円谷プロ代表取締役副社長だった岡部淳也さんと、監督にパワーレンジャーシリーズでのキャリアを持ち、近年は東映特撮での活躍が目立つ坂本浩一さんを迎え、その布陣が撮る映像からは今までと違うウルトラシリーズを撮って人々に見せたいという意気込みを感じます。

    冒頭での赤い光になったメビウスと青い光になったベムラーの飛来と攻防からは、知ってる人には当然、初代のオマージュを感じさせます。
    その伝説の始まりとなった戦いを最新の技術で甦らせる…ここからすでに惹き込まれました。

    また、レイの率いるゴモラがザラガスなどの怪獣とダイナミックな激闘を繰り広げます。
    モロボシ・ダンがカプセル怪獣ウインダムを呼び出して戦わせる所は、元祖大怪獣バトル!って感じにきちんと盛り込んでくれているのが嬉しいですね。

    そして、レオから厳しい特訓を受ける鎧の戦士…
    映像以外で初めて人前に姿を現したのはウルトラマンフェスティバル2009』ライブステージ第2部です。
    会場で突如現れてから、一体何者なんだ?と数ヶ月間私達の想像を掻き立てました。
    彼こそがウルトラセブンの実の息子・ウルトラマンゼロ。
    しかし、力を追い求めてしまったばかりに「M78宇宙警備法違反」によって追放処分とされてしまっている。
    テクターギア・ゼロからプシューと蒸気が吹き出すシーンが、ゼロの溢れんばかりの力が内に秘められてる事を思わせます。
    出だしから荒々しい気性のゼロですが、崩れ岩に巻き込まれそうになったピグモンに見せた優しさを認められ、ついにテクターギアの封印を解かれます。

    「俺はゼロ…ウルトラマンゼロ!セブンの息子だ!」

    今やゼロは、一番若手のウルトラマンである上にウルトラシリーズのナビゲーターのような役割を多くこなしていて、シリーズには欠かせません。
    演じる宮野真守さんにも年々熱が入っていってると感じます。
    そのゼロの鮮烈なデビューから今の活躍に至るまで、リアルタイムで辿ることができたことは幸せな事だと思います。

    本作の着目すべき点は、『ウルトラギャラクシー 大怪獣バトル』の劇場版であるということが如実に感じられる映画でありながら、セブンやメビウスといったウルトラマンシリーズとの合流が描かれている事です。
    『大怪獣バトル』の続編でもあり、M78星雲・光の国ウルトラマンオールスターズでもあり、ウルトラマンゼロの初登場作でもあるという多重のコンセプトでありながら、一本の映画として成り立っている。
    共演作品では、ごく稀にしか成功しない絶妙なバランスだと思います。

    ゲストとして、コスモス・春野ムサシではなくZAP隊員のムサシとして杉浦太陽さんがちらっと出演し、またダイナことアスカ・シンがZAPの危機を救うために登場します。
    実は本作で、やり取りこそ無いものの後にウルトラマンサーガに融合する3人が揃っている、ということに今振り返ると注目せざるをえません。
    『ウルトラマンサーガ』の構想は当時まだありもしなかったはずですが、非常に面白い偶然ですね。

    ですが、気になるところを挙げていくと、クライマックスのウルトラマンキングの演説は好きではありません。
    (小泉純ちゃんはそんなに悪いとは思わないけど)

    「我々は、弱きものを助け、支えるため、これからも戦い続けなければならない。
    新たに立ちあがろう、光の国の勇士たちよ。平和と正義のために! 遙かなる全宇宙のために!」


    なんでか、ウルトラマンの口から直接「平和と正義」って言葉を聞きたくなかったんですよね。
    一気に冷めてしまった…
    ウルトラマンのこういった想いは、声高に上げずにシュワッと行動で示してほしいと思ったのでした。

    今は亡き内山まもる先生が光の国の住人役でカメオ出演しているのも注目です。
    光の国のビジュアルイメージに大きく影響を与えた方が、光の国に足を付けたというのは数奇な縁ですね。

    主題歌のMISIA「星のように…」を聴くと、ウルトラシリーズが長年培ってきた「絆」の深さや宇宙の広大さが想い起こされ、単なるタイアップに収まらない好きな曲です。
    ウルトラマン、ウルトラ怪獣が出てくるPVもかなりジンとくる映像なので、ぜひ観てみてください。


    大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE メモリアルボックス (初回限定生産) [DVD]大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE メモリアルボックス (初回限定生産) [DVD]
    (2010/04/23)
    南 翔太、黒部 進 他

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト
    トラックバック:0 | コメント:0 | top |
    コメント
    コメントの投稿














    非公開コメント

    トラックバック URL
    トラックバック
    プロフィール

    将軍コメス

    Author:将軍コメス
    特撮(仮面ライダー/ウルトラマン/スーパー戦隊/牙狼)、アニメ(プリキュア/ガンダム/エヴァ)が大好物な男の子。
    ただ今、特撮時々アニメライターを夢見るキュアフリーター。twiiterID:kome_su
    昨年刊行のオリつぼアンソロに執筆参加しました。

    最新記事
    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター

    おススメ
    プレミアムバンダイさん

    プレミアム バンダイ

    検索フォーム

    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム
    QRコード

    QR

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。